BLOG

知多半島、三河で長持ち屋根塗装※メリットと注意点を確認しよう

 

 

 

こんにちは、愛知県、三河地方、知多半島を拠点に外壁塗装専門店を営んでおりますこころペイントです。

 

みなさん、外壁塗装される場合、外壁と屋根を一緒に塗装される方が多いと思います( ^∀^)

 

最近はお手頃でとても優秀な機能性塗料もたくさん出てきていますので、知多半島、三河のお客様にも大変好評いただいております。

 

外壁塗装する際に屋根塗装も一緒に行っておけばもう一度、屋根塗装するために足場を組まなくても良いと言うメリットがありますからね♪

 

 

しかしみなさん、業者からの提案に言われるがままになってはいませんか。。。?

 

外壁塗装、屋根塗装は悪く言えば塗ってしまえば中身が分からないと言う怖い面があります。

 

 

注意点その1

 

高圧洗浄はしっかり当てているか。

 

 

 

通常10年以上経ったやね(カラーベスト)には表面に砂やほこりまた湿気を持ったことが原因による苔の発生により、汚れの膜が一層重なっております。

 

この状態で上から塗料を塗っても1年もしないうちに簡単にめくれ上がってしまいます。

塗装工場の高圧洗浄を使うことで最初に一皮剥かなければならないのです。

ちなみに塗装工事用の高圧洗浄はホームセンターで市販されている洗浄機とは威力が違います。

誤って手に当ててしまうと切れてしまいそうなほど高圧な洗浄機です。

 

 

注意点その2

 

 

 

下塗りは雑になっていないか。

まれに下法を塗らない悪徳業者も耳にしますが、まずはありえないことなのでちゃんと工程を踏んだ上での話をします。

 

長年放置した屋根(カラーベスト)はいわば栄養が足りず喉がカラカラな状態になっているのです。

 

人間で言うと栄養をとっていないがために体調不良を起こしたり骨が折れやすくなったりするのと同じだと思います。

 

しっかりと屋根専用シーラーを塗布し吸収させます。

 

劣化が進行している場合は、1回塗っただけでは足りないのでその場合は2回塗布します。

 

提案によってはその上に下塗り2回目を塗布します

 

この下法はサーフェーサーと言って屋根に十分な厚みをつける下塗りです。

 

なので施工の際はまず下塗りをくまなくたっぷりと塗られているか、施工写真をわかりやすく業者に撮っておいてもらいましょう。

 

 

注意点その3

 

 

しっかりと3回塗っているか

 

 

 

実は塗装回数を減らすと言うことが1番多い手抜き工事です。

本当に許せません。

知多半島、三河のお客様からお問い合わせいただき、お見積もりに伺うと

外壁塗装してから10年も経っていないのに屋根の表面の塗膜がめくれ上がっていると言うことが多々あります。

これは本当の塗装のプロから見ると明らかな手抜き工事です。

一発でわかります。

基本的に3回塗りのところ2回に減らしてしまうと、その塗料の効力は確実に半減してしまいます。

お客様に安心してもらうためにも本当は各工程ごとにお客様に足場に登ってもらい確認してほしいのが本当の思いです(^_^;)

 

 

続いては屋根塗装のメリットの話になりますが、まぁ屋根塗装自体メリットしかないので当たり前でしょ!と言う気持ちで呼んでいただけると幸いです(笑)

 

まずは外壁塗装の際に屋根塗装も一緒に塗れば1年後に足場を組んで屋根だけ塗装するよりも大幅に費用を抑えることができますし、

 

そして何よりもわたし的には、美観の向上によって心が一新されると思います。

 

質のいい外壁屋根塗装は当たり前です。

 

外壁屋根塗装すると本当に見違えるほど建物は美しくなります。

 

毎日の気分が明るくなったり、これを機に新たな趣味を見つけようという気持ちになる方も多いです( ^∀^)

 

知多半島、三河のお客様に長持ち塗装お届けする。これはまさに当たり前のことです。

 

しかし私たちこころペイントの考える本当の価値は、

 

お客様に幸せに過ごせる毎日をお届けする。

 

 

ここが1番大切だと思います。

 

 

 

拝読いただきありがとうございます♪

MENU
CONTACT