BLOG

外壁塗装で失敗しないために※業者の見極め

 

^_^こんにちは愛知県で外壁塗装工事をしておりますこころペイントです。

過去に何度か外壁塗装された方、実際に外壁塗装を考え始め、問い合わせ→契約→着工までどれだけの期間をかけましたか?

ここは難しい問題なのですが1社の見積もりで契約を決めてしまうのはあまり良くありませんが、10社も20社も愛見積もりを取るのもあまり意味がありません。

私たちはこれまで長年の信頼と実績を地域密着としてお客様に認めて頂いております。

その経験をもとに失敗しないための業者の見極め方、提案力などご説明させていただきたいと思います。

①営業マンは工事内容をしっかり理解しているか

規模の大きい会社だと営業マンが契約を取り施工管理者に委託、そして塗装職人が施行する。と言うようにいくつもクッションがあります。

確かに規模のでかい会社は実績もあり名前が売れているので信頼も高いかもしれませんがトラブルなどもよく聞きます。

よく耳にする多くのトラブルは、「契約内容が違う」「契約をした営業マンが一切現場に来ない」「完了時に見積もり以上のお金を請求される」

上記のトラブルはよく耳にすることがあります。

営業マンが悪いと言っているのではなく、営業マンも人によってはしっかりと最後までお客様を大切にしている方もいると思います。

しかしその体制が少し問題ではないのかなと思います。

営業マンも毎月のノルマを達成するために必死な方もいるかと思います。

そんな状況で一人ひとりのお客様を最後までしっかりと対応する事は難しいかもしれません。

そして実際施工するのは下請け業者だった場合、その営業会社はそのことにはあまり詳しくなかったりしてする場合もあります。

その業者がしっかり塗装専門としての知識が揃っているかをチェックしましょう。

②見積もり内容はしっかりしているか

×外壁 シリコン塗装/一式 〇〇万円

◯外壁 日本ペイント ファイン4Fセラミック

               135㎡/◯◯万円(◯◯円/㎡)

※実際の見積書ではないのでわかりにくいかもしれませんが、1平方メートルあたりの単価が◯◯円なので、〇〇平方メートルあるので〇〇万円になります。

と言う形でお客様にわかりやすいように細かく書かれているか。

またシリコン塗装といっても世の中にシリコン塗料はたくさんあります。

どこのメーカーのどんなシリコンを塗料を使いそのシリコン塗料の強みは何なのか、というところまでしっかり説明されているかもチェックしましょう。

MENU
CONTACT