BLOG

屋根塗装する前にしっかり補修

こんにちは、こころペイントです!

屋根を塗装するに際に気をつけなければならないポイントが補修です!

補修と言っても様々でどういうタイプの屋根かで補修内容もかわります。例えば、カラーベストの屋根は板金もあります。形も色々ありますが、ビスや釘で屋根に止めてあるため年数が経つにつれサビて来たり、外れて来てしまいます。そのまま塗装してしまえば表面はきれいでも物自体は良くないですね。なのでしっかりと補修しなければなりません!

写真の様にネジが完全に抜けて来ているのをしっかり打ち付けます。それと同時に板金のつなぎ目部分をみて頂きたいのですが、コーキング材が無くなってすきまが出来てしまってますね。このままでは雨漏りの原因にもなりますし、雨水で木や屋根材が腐食してしまいます。なのですきまにしっかりとコーキング材を充填し平面ですのでブリッジ工法でシーリングします。

これで雨水は完全に防ぐことができます。

状況や素材にあった補修工事が出来て知恵も豊富な塗装会社さんを見極める事が大事です。

他にも屋上屋根が防水の場合雨漏りするというお客様が多くその原因についても一部ではありますが紹介します。

例えば改修ドレイン(排水口)は一番雨水が溜まる場所です。なので劣化もしやすいため、雨漏りの原因の1つです。

写真の様にかなり劣化してしまっていて、雨漏りする場合は完全に水を防ぐために防水工事をする必要があります。ドレインの場合は完全に撤去し排水口以外は全て塞ぎます。

これで中に雨水が入ることなく雨樋から外に排出されます。

最後にゴミが入って詰まらないよう蓋をして完了です。                     雨漏り原因の一部ではありますが改修ドレインの施工事例も紹介させていただきました。ご拝読いただきありがとうございます。

MENU
CONTACT