BLOG

屋根塗装の基本

こんにちわ、こころペイントです。

本日は雨で現場がストップなので事務所でボー。。。っと言うわけにはいきませんので、事務所の屋根塗装の見本(カラーベスト)を使って屋根塗装と言うものをご説明したいと思います。

カラーベスト

カラーベストは主原料をセメントとしています。半分以上がセメントでできているのです。

そのため湿気や水分に弱く劣化が進むと簡単に割れてしまいます。

なので屋根は小まめなメンテナスが非常に重要になってきます。

5つに分かれている黒色や茶色の板、これはカラーベストです。

まず、上記の画像が劣化が進行したカラーベストです。何も保護されていない状態です。

これはシーラーを塗った状態です。劣化が進んだ屋根は吸い込みが激しく水分を吸収してしまいます。まずは専用シーラーを塗り、中から固め下地を強化します。

この白い塗料、《サフェーサー》と言い厚みを付け耐久性を強化します。ここまでは下塗りですね。

中塗り

次にお客様に選んでいただいた塗料を塗ります。《中塗り》と呼ばれる工程でたっぷりと塗ります。

上塗り

もう一度塗ることで塗料本来の力を発揮することができます。

簡単で申し訳有りませんが以上が屋根の塗装工程になります。事務所の中なので高圧洗浄はできず申し訳有りません(笑)

屋根は常に直射日光が当たり続ける場所なので外壁よりも劣化が早くなってしまいます。

まずは外壁診断を頼んでみるのもいいですね。

こころペイントも外壁診断を行なっております、もちろん費用は1円もかかりませんのでよろしけれがご連絡ください。

 

外壁診断 ←クリック

 

 

 

MENU
CONTACT